So-net無料ブログ作成

元みなと銀行支店長に有罪判決=融資金3億3000万円横領―神戸地裁(時事通信)

 みなと銀行(神戸市)が社会福祉法人に融資した金の一部を着服したとして、業務上横領罪に問われた元同行明石支店長竹本尚正被告(52)の判決が28日、神戸地裁であり、岡田信裁判長は懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年)を言い渡した。
 岡田裁判長は「銀行員としての法令順守に欠けていたと言わざるを得ない」と指摘。一方で「直接的に不当な利益を得ていない」と、執行猶予の理由を述べた。 

【関連ニュース】
現、元警官2人書類送検へ=放置車両業者に横流し
インサイダーなら永久追放=法令順守徹底へ
水島信金職員、1億円超着服=発覚後連絡取れず
建設会社で2億横領か=容疑の元社員逮捕
イベント経費1230万円横領=職員懲戒免職、告訴へ

避難した種牛、感染の疑い=口蹄疫(時事通信)
<不同意堕胎>逮捕の医師「ビタミン剤」と交際女性にメール(毎日新聞)
あかつき打ち上げ 「パーフェクト」 拍手と歓声で見送り(産経新聞)
<口蹄疫>赤松農相、初めて陳謝(毎日新聞)
「国内最古」12万年前の石器、実は7万年前か(読売新聞)

賛否両派参加、初の協議会=「鞆の浦」埋め立て架橋計画―広島(時事通信)

 広島地裁が昨年10月に差し止めを命じた広島県福山市の景勝地「鞆(とも)の浦」の埋め立て架橋計画について、推進、反対両派の住民が話し合う「鞆地区地域振興住民協議会」の第1回会合が15日夜、同市役所鞆支所で開かれた。
 会合を主催した県からは湯崎英彦知事らが出席し、住民側は両派から各6人、計12人が参加。中立の仲介者として第二東京弁護士会の牛島信、静岡県弁護士会の大沢恒夫両弁護士が議事を進行した。
 会合後、湯崎知事、推進派、反対派が別々に記者会見した。知事によると、12人が5分ずつ交通渋滞や下水道の未整備、活性化といった鞆地区の課題や意見を表明。仲介者が提出された意見を整理し、7月3日に開く次回会合で話し合うことになった。知事は「鞆を住みやすい町にしていきたい、という点で(両派は)共通している。大きな手応えがあった」と述べた。
 推進派である鞆町内会連絡協議会の大浜憲司会長(62)は、会合の連絡などで県への不満を示す一方、「仲介者は本当に真摯(しんし)に会議を進めた」と評価。「9月でも10月でもできるだけ早く」結論を出すよう求めた。 

H2A 金星探査機「あかつき」搭載し発射場へ 種子島(毎日新聞)
女の子力士も「はっけよい」 わんぱく相撲浦安場所(産経新聞)
悲惨…収容所の日本人妻 脱北者が証言 縁故なければ人間扱いされず(産経新聞)
<着服>愛知高速交通の元主幹を懲戒解雇(毎日新聞)
家庭内暴力に耐えかね…父親刺した男子高生逮捕 千葉 (産経新聞)

6月までに2つのWG設置―チーム医療推進会議が初会合(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は5月12日、「チーム医療推進会議」の初会合を開いた。同会議では6月までに、現行法の範囲内で特定の医行為を担う「特定看護師」(仮称)と一般の看護師の業務範囲などを検討するワーキンググループ(WG)と、チーム医療全般に関するWGをそれぞれ設置。先行して高度な看護実践能力を養成している大学院を対象としたモデル事業に加え、現行法で「グレーゾーン」とされる看護業務の実態調査を同月中にも実施し、WGの検討結果を踏まえ、12月中に一定の結論を取りまとめる方針だ。

 チーム医療推進会議は、3月に報告書を取りまとめた「チーム医療の推進に関する検討会」の後継組織で、コメディカルの業務範囲の拡大やチーム医療を推進する医療機関の認定の在り方などを議題とする。委員は、坂本すが氏(日本看護協会副会長)や太田秀樹氏(全国在宅療養支援診療所連絡会事務局長)ら同検討会の委員7人を含む計14人で、座長には、同検討会でも座長を務めた永井良三氏(東大大学院医学研究科教授)が選ばれた。

 初会合では、看護業務の実態調査とモデル事業の実施要綱、今後のスケジュール案を大筋で了承した。実態調査は、病院(規模別)や有床診療所など約3500施設で働く医師と看護師を対象に、現行法で「グレーゾーン」とされる医行為について調べるほか、関係団体からのヒアリングも行う。厚労省では、8月中に調査結果を取りまとめる見通し。
 一方、モデル事業は、先行して高度な看護実践能力を養成している大学院修士課程が対象で、▽臨床実践能力を修得する科目(臨床薬理学など)や演習・実習科目が必修▽病院など実習場所の確保▽教員・指導者の相当数が医師―などが要件。医師の包括的指示の下、これまで「診療の補助」に含まれないとされてきた行為の実習を許可する(原則として今年度内)。調査対象とする行為とモデル事業を行う大学院については、5月下旬に開く「チーム医療推進のための看護業務検討WG」で選定する。

■「チーム医療認定検討WG」に委員が反発

 厚労省は、同WGとチーム医療を推進する医療機関の認定基準などを議論する「チーム医療認定検討WG」を設置する案を示した。しかし、後者については、名称や内容をめぐって委員の反発が相次いだため、名称を「チーム医療推進方策WG」に修正。看護師以外の医療スタッフに関する問題点も含め、幅広い議題を協議することになった。
 次回会合は、実態調査の結果がまとまる8月以降に開かれる予定。


【関連記事】
「特定看護師」の業務範囲など検討―「チーム医療推進会議」が5月に初会合
チーム医療推進へ「特定看護師」創設を―厚労省検討会が報告書案
喀痰吸引、PTやOTなど4職種も可能に―厚労省が通知
特定看護師の早期制度化などを要望―日看協
放射線科医の地位向上に「診療報酬増を」

九代目市川團十郎らの胸像お披露目式 大阪(産経新聞)
<豊川一家殺傷>父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
図書館が暮らしの課題解決!? 就職セミナーや法律相談、講演会も(産経新聞)
財政健全化と社会保障改革は密接不可分―民主研究会が公約案(医療介護CBニュース)
新型インフル 国内確認1年 感染伝達、患者は最後(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。